前へ
次へ

衣食住の中でも特に食の仕事に携わるのは大変

一昔前に比べてクレームなどに対する意識が非常に大きく変わっています。
衣食住に携わる企業はとても安定していると言われていましたが現在では特にそうとは言い切れない場合も多くなってきています。
特に食の分野では衛生面において過度に過敏に厳しく管理が求められています。
消費者クレームを出すような事があれば最悪の場合、取引停止などに追い込まれて会社経営が立ち行かなくなる場合も実際にはございます。
食品衛生に関してはこれからもどんどん管理を厳しくする事を求められていくばかりです。
2010年の東京オリンピックを機にHACCP取得も食品業界において義務化されます。
対応できない企業は取引を見直されたりする場合もますます多くなっていく事が想定されます。
食に携わる業界において衛生面で求められるハードルはますます高くなる一方です。
これらの動きに拍車を掛けているのがコンビニエンスストアです。
コンビニエンスストアは自主基準を設け、取引先に対してその基準をクリアする事を求めます。
そしてそのハードルは決して低くなる事は今後もありません。

Page Top